株式会社藤澤藤左衛門商店の歴史と製品

会社概要

株式会社藤澤藤左衛門商店は、1896年に倉敷市玉島黒崎に創業した伝統ある味醂及び白酒の製造業者です。創業者は藤澤藤左衛門(初代)で、本家である藤澤家本家から独立して始めました。

製品と製造過程

伝統的な味醂「旭富士」

「旭富士」というブランド名で知られる本味醂は、創業以来、変わらぬ製法と味を保ち続けています。この製品は、岡山県産のもち米と米麹のみを使用し、石臼で丁寧に二度引きする伝統的な方法で製造されています。

白酒の特徴

1908年に白酒の製造を始めた当社は、じっくりと熟成させたもろみを用い、非常に濃厚でまろやかな味わいが特徴です。白酒は主に1月中旬から出荷され、お雛様のお祝いにも使われることが多いです。

代々の継承

昭和25年に3代目藤澤海太郎が、その後平成4年には4代目藤澤正朔が業務を引き継ぎました。各代が伝統を守りつつ、時代とともに業績を伸ばしています。

さらに投稿:

たびりら: 日本の革新的な履物

たびりら(tabiRela)は、日本の倉敷で生産されている足袋型コンフォートシューズであり、快適さと健康的な歩行をサポートするデザインが特徴です。