• TOP
  • くらしき地域資源について

くらしき地域資源について

倉敷市は、美観地区と鷲羽山に代表される文化・観光都市と、水島コンビナートと ジーンズに代表される商工業都市であるとともに、自然環境に恵まれ、マスカットや 白桃などの一次産品、歴史、伝統工芸といった豊かな地域資源が息づいており、 瀬戸内の拠点都市にふさわしく、魅力あふれるまちです。

その魅力にさらに磨きをかけ、全国に『倉敷市の「個性と魅力」』として情報発信することを目的にくらしき地域資源活性化協議会を発足。倉敷市内の商工団体を中心に平成23年度に「倉敷市特産品等地域資源発掘事業」として、市民の皆様にから倉敷市の特産品などについてご意見を伺う調査を実施しました。

その結果、市内に多種多様な地域資源(地域の特色ある宝)があることがわかりました。

その地域資源は「老舗企業」「特産品」「魅どころ」として以下のように分類できます。

特産品
農林水産品、地酒、菓子類、地場食品、工芸品、雑貨・繊維製品、その他工業製 品、その他
老舗企業
平安・江戸時代以前創業企業、明治時代創業企業、大正時代創業企業
魅どころ
自然環境、生活環境、歴史的建造物・神社仏閣・史跡、産業(施設見学・産業体 験等)、まつりと文化、交流・教育・学習、郷土食、その他

これらの「地域資源」には既に全国的に知名度が高いものもありますが、市内外に広く知られていないものもあります。こうした状況を踏まえて、「くらしき地域資源」の良さを市内外に“伝える”ために平成24年度に「くらしき資源ミュージアム推進事業」として、地域資源の詳細を取材し、WEBやBOOKとして情報発信することとしました。

しかし、まだ、発掘しきれていない資源もあり、さらに磨き・伝えていくために、市民の皆様や関係機関と協力して取り組んでいきたいと考えておりますので、より一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げます。