真備おこわ

真備の郷土料理

団体
真備町若竹生活交流グループ
所在地
〒710-1301 倉敷市真備町箭田4105
電話番号
086-698-0574
概要
たけのこの独特の食感ともち米のモチモチとした食感が重なり合い、そのこめ粒一つひとつに具材のダシが溶け込み、味わうごとに、たけのこの香りと具材の旨味が堪能できます。
ポイント
郷土料理の料理教室で、真備おこわ作りを体験することが出来ます。
真備おこわの販売は、各種イベントにて販売されています。

【取扱店舗】
Aコープ真備店、やさい広場、たけのこ茶屋、ハピーズ真備店

地元交流を含めてたけのこ産地 真備町より

 倉敷市真備町といえば、県下最大のたけのこの産地として有名ですが、ここ真備町では地元の女性が集まり、消費者のお米離れが進むなかで、少しでも多くの方に美味しいお米を食べて頂きたいとの思いで、昭和50年代中頃から「真備町若竹生活交流グループ」を結成し、地元交流を含めて地元の特産品である「たけのこ」、お米を使った料理を研究しながら、たけのこの料理法をはじめ、多くの郷土の特産品をPRする活動をおこなっています。そのひとつに何といっても挙げられるのが「真備おこわ」です。その味わいは、たけのこの独特の食感ともち米のモチモチとした食感が重なり合い、そのこめ粒一つひとつに具材のダシが溶け込み、味わうごとに、たけのこの香りと具材の旨味が堪能できます。また、具だくさんでたいへん栄養価も高く健康にも良い一品です。

たけのこ掘り体験&真備の郷土料理を堪能

 現在は、岡山県内のイベントのみでの販売となっていますが、機会があれば出来立ての「真備おこわ」を是非一度みなさんに味わって頂き、その味を堪能していただきたいです。また、毎年春の4月、5月に合計4回開催される「観光たけのこ園」では、地元のたけのこ農家の竹やぶで「たけのこ掘りの体験」を楽しむことができ、しかもそのあとに、真備町若竹生活交流グループが中心となって真備おこわや地元の食材を使った郷土料理がふるまわれます。
 家族そろって青い空の下、美しい自然の中で頂くたけのこ料理は、また一味ちがった美味であること間違いなしです。毎年参加者の方にも、たいへんご好評頂いている嬉しいイベントです。

竹のようにイキイキと伸びゆく思いを名物に

真備町若竹生活交流グループでは、その他にも郷土の味わいを生かした特産品として「若竹せんべい」を商品化。肥沃な真備の竹林に芽吹くタケノコの姿をうつしとり、香味を生かし香ばしく味わい豊かに一枚一枚手焼きで仕上げた逸品です。(2014.12)