生姜(しょうが)

香り豊かなしょうが

団体
倉敷かさや 農業協同組合 倉敷営農センター 営農課
所在地
〒712-8001 倉敷市連島町西之浦512
電話番号
086-444-0447
概要
倉敷市福田東塚、中畝地区を中心に香り豊かな美味しい生姜が生産されています。
ホームページ
http://www.ja-kurakasa.or.jp/

生姜の生産地 倉敷

 倉敷市内では、昭和30年頃より多くの農家で生姜の栽培が手掛けられていました。昭和46年頃には、ハウス栽培の普及に伴い栽培面積も増え早期出荷が可能となり、連島町鶴新田地区や福田町などを中心としてピーク時には約18軒の農家が生産していました。しかし、その数も農家の高齢化などにより減少してしまいますが、他の農産物に比べ比較的価格が安定しているので、現在でも東塚、北畝地区を中心として約10軒の生産者が生姜づくりをおこなっています。

デリケートな生姜の栽培

 生姜は、草丈が60センチから1メートル近くにもなり、細長い針状の葉をつけます。食用とするのは地下の塊茎部分で、淡黄色をしており辛みと香りがあります。病気の影響を受けやすいとてもデリケートな作物で栽培はとても難しく、大きく分けて3つの栽培方法があります。ひとつは、温風ボイラーを用いて、ハウスの中に温風のダクトを引きハウスを暖めて栽培する加温促成栽培。2つ目は、ボイラーを用いないハウスで栽培する無加温促成栽培。3つ目は、屋外の畑で栽培する露地栽培。それぞれ農家によって栽培法は異なりますが、生姜はそのまま畑に植えると、発芽までに時間がかかるので、箱植えで種生姜を7~8cmほど芽出しをしてから植えます。また、生長期間が長いので追肥が大切で、株ぎわに土をかける土寄せも必要になります。また、乾燥に弱いため梅雨明けにはワラを敷きます。こうして生姜は手間ひまをかけられ大事に育てられていきます。

生姜パワーで心も体も「ぽかぽか!」

 生姜の成分には、食欲増進と殺菌作用などがあるとされており、生薬にも使われる生姜には、汗を出して体を温める作用があります。毎日の料理に生かせば、体質改善に繋がります。すりおりろした根生姜に、ねぎのみじん切りや梅干しを入れて熱湯を注いで飲むと体も温まり風邪やのどの痛みにも効果があります。
 生姜を使ったお料理はたくさんありますが、生姜と言えば「しょうが焼き」や「ガリ」を思い浮かべる方も多いかと思います。お寿司につきものの「ガリ」は香りが良く魚の臭みを取り、お口直しの役割も果たしてくれます。また、焼き魚に添えられる「はじかみ」も同じ効果があるそうです。そのほか、味噌漬け、砂糖漬けなどにする味わい方もあります。根生姜の粗挽きが入ったお菓子にはしょうがせんべい、飲み物にはしょうが湯、ジンジャー・エールなど、様々な召し上がり方で親しまれています。

  • 倉敷牛蒡(ごぼう)ぷりん
    エリア

    「連島ごぼう」の入ったプリン

    倉敷市連島町特産「連島ごぼう」や地元の新鮮な卵が入ったご当地の個性あふれるプリンです。
  • 連島ごぼう
    エリア

    食物繊維が豊富でまっすぐなごぼう

    倉敷市連島町では、砂地を利用して食物繊維豊富で風味豊かなごぼうの栽培が盛んにおこなわれていま...