十八盛

娘十八、番茶も出花

団体
十八盛酒造 株式会社
所在地
〒711-0903 倉敷市児島田の口5-6-14
電話番号
086-477-7125
代表者
石合敬三(代表取締役)
概要
江戸時代より代々受け継がれた製法で、杜氏が心を込めて仕込みを行ない、淡麗でコクがあり、フルーティーな香りのお酒に仕上げられています。
ポイント
岡山県内の各酒類販売店への販売。
ホームページ
http://www.juhachi.jp
リンク
江戸時代創業の老舗「十八盛酒造」

児島エリアの魅どころ「十八盛酒造」

「とーはち」の愛称で地元に親しまれ

 「十八盛」の名前の由来は、昭和の初め頃、5代目当主石合多賀治氏によって「娘十八、番茶も出花」という言葉から「十八盛」と名付けられました。その味わいは、口に含んだ時の優しい甘みと丸く温かで耽美な味とが特徴で、淡麗でコクがあり、フルーティーな香りを楽しむことが出来ます。乙女の如く純粋無垢で桜花の如く艶やかな印象のお酒です。
「十八盛上撰」は、岡山県産米を使用し、アルコール度数14.8%で、淡麗旨口、口あたりの良い上品な味わいのお酒です。「十八盛金紋」は、岡山県産米を使用し、アルコール度数15.3%で、地元でも「とーはち」の愛称で親しまれている「十八盛」の定番酒です。いずれも料理との相性も良く、地元の瀬戸内海の新鮮な魚介類との相性も良く、冬は熱燗、夏は冷で、秋はぬる燗でと毎晩の晩酌をお楽しみいただけます。

酒造好適米「雄町」「山田錦」を使用

 「十八盛」では、岡山県の特産米である酒造好適米「雄町」や「山田錦」、近年開発された「吟のさと」、また一般米の「朝日」を使用。いずれも岡山県産の米にこだわり、原料には最良のものを惜しみなく使用して「原価を欠いても良いお酒を造る」という先代の厳しい教えを、一貫して守り続けています。秋から冬にかけて、杜氏が米と水の声を聞き、麹に耳を傾け、酒の魂と会話を交わしながら心を込めて仕込みをおこないます。

天明5年(1785年)創業の老舗蔵元「十八盛酒造株式会社」

 天明5年(1785年)創業、倉敷市児島田の口にある老舗蔵元「十八盛酒造株式会社」は、讃岐の金比羅山と児島の由加山とをお参りすれば御利益があるという両参りの風習により賑わいを見せた由加山の参道口に佇んでいます。その歴史ある蔵元で代々に渡って受け継いでこられた銘酒「十八盛」は、瀬戸内の温暖な気候と豊かな食の文化に育まれ、伝統の技を継承する蔵人たちの熱い想いが込められた児島を代表する地酒です。

  • 味わいの酒 三冠
    エリア

    昔ながらの三段仕込みの児島の地酒

    厳選されたお米と清らかな硬質の自家井戸水を使用して、昔ながらの伝統の三段仕込みの製法で、お米...
  • 畳縁素材のバッグ
    エリア

    畳縁の美しさと機能性を伝えるバッグ

    倉敷市児島唐琴地区の特産品「畳縁」を素材にしたバッグです。