器楽堂老舗(きらくどうろうほ)

茅屋に 共に楽しむ 時を得て 気軽に来ませ すずやかな道を

所在地
〒713-8122 倉敷市玉島中央町1-17-5
電話番号
086-522-2309
代表者
器楽堂晃
概要
産業観光ツアーで江戸時代から嗜まれた茶の文化の講話や、茶室で抹茶を味わうことが出来ます。
ポイント
器楽堂老舗 茶室「五雲亭」
会費:一人 500円
日時:毎週日曜日(予定)
   朝9:00~夕方18:00頃まで 
お席入り時間:1時間おき 計9回
※開催日、お席入りの時間を事前に必ずご確認お願い致します。
ホームページ
http://kirakudourouho.tblog.jp
リンク
江戸時代創業の老舗「器楽堂老舗」

歴史ある港町玉島を訪ねて

 倉敷市玉島といえば、古くから高梁市から高瀬舟による物資の輸送や千石船の寄港地として海上交通の要衝として栄えた港町でもあります。そんな歴史ある玉島の港すぐ近くに「器楽堂老舗」はあります。この周辺には、創業が江戸時代、明治時代と言ったとても古い老舗が多くあり、古いなまこ壁の蔵や建物が立ち並び、「玉島町並み保存地区」として有名な阿賀崎地区など見どころがいっぱいあります。また、寿永2年(1183年)には乙島、柏島にて源平合戦・水島合戦がおこなわれその舞台となった場所としても知られています。また、良寛さんで有名な円通寺も近くにあります。

日本の伝統文化「茶の湯」を楽しむ体験

 そんな歴史的な町にある「器楽堂老舗」の創業は、江戸時代といわれ玉島新町筋にて茶道具商として創業。以来現在まで茶道具を商いとしてきた歴史あるお店は、7代目ご主人の下、茶道具、花器などの販売を行っています。目印は、入り口付近にいつも置いてある優雅な赤い和傘です(雨の日以外は置いています)。
 代々お店には「茅屋(ぼうおく)に 共に楽しむ 時を得て 気軽に来ませ すずやかな道を」という折句が伝わっており(五・七・五・七・七)で区切ると「ほとときす」と詠み、「ようこそいらっしゃいませ」という歓迎の意味を表しています。
 そんな歴史あるお店では、古来より玉島の文化でもあるお茶の文化を多くの方に伝えていきたいとの想いで、茶室「五雲亭」を設けています。毎週日曜日にお茶会を催しており、そこでお茶の作法など日本の伝統文化を体験することが出来ます。また、同店主人の玉島の歴史にまつわるお話や、茶の文化の講話など親切丁寧に詳しく教えて頂けます。一度訪れるとまた訪れたくなるようなそんなお店です。是非一度、風光明媚な玉島の港町とともに同店を訪れて頂きたいと思います。

(2020.12更新)

  • ふなおワイナリー 有限会社
    エリア

    丘の上にあるワイナリー

    施設内では、船穂でのマスカット栽培の歴史やワイン作りの様子がご覧いただけるほか、試飲コーナー...
  • 菊池酒造 株式会社
    エリア

    明治11年(1878年)創業 歴史ある老舗蔵元見学

    玉島町並み保存地区にある老舗蔵元を見学。杜氏の卓越したこだわりのお酒造りをガイドの説明を交え...