倉敷みなと大橋

夜景の美しい水島コンビナートと玉島地区を最短で結ぶ橋

団体
岡山県備中県民局水島港湾事務所維持管理課
所在地
倉敷市水島地区~玉島地区
電話番号
086-444-7144
概要
開通:平成29年3月25日
延長:2,564m(アプローチ部分を含む)
幅員:12.5m
車線数:車道片側1車線、歩道付き
建設年度:平成22年度~平成28年度
総事業費:約356億円
ポイント
昼は瀬戸内海へ続く高梁川河口の広々とした見晴らしが、夜は水島コンビナートのきらめく夜景が楽しめます。

水島地区と玉島地区の架け橋として

水島港を利用する貨物輸送の効率化を図ることを目的として、平成29年3月25日に開通した水島港臨港道路は「倉敷みなと大橋」という愛称で親しまれています。この橋の完成で、国内有数の臨海工場地帯である水島コンビナートから国内外への物流拠点となる玉島地区の国際コンテナターミナルへ、これまでより輸送距離を約2.5km、時間にして約5分を短縮できるようになりました。このことにより、物流コストを低減させ、水島地区と玉島地区の間の混雑を緩和させることにも成功しました。

高梁川河口の雄大な景色が楽しめる

倉敷みなと大橋には自転車歩行者道があり、ウォーキングやサイクリング等に利用することも可能です。橋の上からは、瀬戸内海へ続く高梁川河口の広々とした見晴らしや、瀬戸内海を航行する船舶の姿を楽しむことができます。周辺の水島コンビナートは総面積約2,500haの国内有数の工場地帯で夜景100選にも選ばれているので、夜間の通行もおすすめです。

  • 奈良萬の小路(ならまんのこうじ)
    エリア

    複合飲食施設として、美観地区の新観光スポット

    江戸期の老舗旅館と邸宅を改装した複合飲食施設
  • 瀬戸大橋
    エリア

    風光明媚な眺め

    昭和63年(1988年)に開通した岡山県と香川県を結ぶ本州四国連絡橋の1つ。