白桃

白い肌・甘い香り・清涼感溢れる果実

団体
晴れの国岡山農業協同組合 玉島北直売所「メルカートたまきた果菜館」
所在地
〒713-8113 倉敷市玉島八島1507-1 
電話番号
086-523-1521
概要
夏の味覚「白桃」、倉敷市内では、玉島、真備、浅原地区で品質の良い「白桃」が、盛んに栽培されています。
ポイント
営業時間:8:30~17:00
休業日:年末年始
ホームページ
https://www.ja-hareoka.or.jp/

瀬戸内の温暖な気候の下 白桃の生産地 倉敷

 倉敷産の白桃と言っても、白鳳、清水白桃、おかやま夢白桃、白麗、とたくさんのものがあります。その中でも最高峰に位置するブランド桃の「清水白桃」は、とろけるようにやわらかく、とても甘いのが特徴です。7月、8月に収穫時期をむかえ、天候にも敏感に左右されるので栽培には、生産者のたいへんな苦労があります。それ故にその品質と味わいには定評があり自信を持ってお奨めすることが出来る地元の旬の味わいです。清水白桃は、倉敷市で一番作付けが多い桃の品種ですが、倉敷市内の産地として、玉島、真備、浅原地区があります。いずれも日当たりの良い山間で温暖な気候の下、おいしくて健康な桃が育つよう土壌づくりから始まりせん定、摘蕾(てきらい)や摘果(てきか)、袋掛けなど、手間ひまをかけて栽培がおこなわれています。

独特の甘い香りと清涼感溢れる果実

 一般的に桃と言うと、ピンク色をイメージされますが、倉敷の白桃は皮が白いのが特徴で、果肉は全体的に白っぽく、良く熟れている部分は、赤みがかかっています。糖度が高く、独特の甘い香りと清涼感があり、夏場の暑い時期には最適のデザートです。地元では子供から大人まで多くの人に好まれている倉敷を代表する果物で、お盆の故郷へのお土産や贈答用としても人気があります。また、長年積み重ねてきた生産者や地元関係者の絶え間ない努力により、全国に知られる特産品となっております。

岡山の白桃 おいしい食べ方

 桃は種側よりも皮に近い部分のほうが甘みが強いので、おいしく食べるコツは、皮をできるだけ薄くむくことです。もちろん、桃の甘みと香りを堪能するには、冷やしすぎないことも大切なポイント。冷蔵庫に入れるのは、食べる30分から1時間前ぐらいにしましょう。産地ではよく洗って表面のうぶ毛をとり、皮つきのまま食べることが多いそうです。果肉が少し硬い早生の白鳳系の品種は特に、この食べ方が最高だといいます。今年の桃のシーズンは、ぜひ「皮つきのままガブリ」を試してみてください。

(2020.12更新)