株式会社 齋藤岩吉商店

ござ・い草製品加工販売業

所在地
〒710-0262 倉敷市船穂町水江1281
電話番号
0120-3110-82
代表者
齋藤英雄(代表取締役)
創業
明治24年(1891年)
事業内容
い草・上敷き・PP敷物の製造販売。
凸凹カットや規格外の大きいサイズまで幅広く細やかな注文にも応じてくれる「オーダーメイドのござ」などを取り扱っています。
従業員数
3
ホームページ
http://www.iwakichi.co.jp/uwasiki.htm

明治24年、初代齋藤岩太郎がい草製品の製造卸売業を創業

 明治24年(1891年)、初代齋藤岩太郎氏がい草製品の製造卸売業を創業。そのきっかけは、当時近くの高梁川が氾濫して大水害が発生し、元々農業を営んでいた初代岩太郎氏の畑も被害を受けてしまい、そこで初代岩太郎氏は考えぬいた末、周囲でい草作りが盛んだったこともあり、い草を使ってござを作ろうと一大決心したのが始まりです。始めた当初はいわゆる家内工業で、家族そろって工場でござを織り、織ったござを得意先へ納品するといった毎日でした。それでも、初代岩太郎氏は、コツコツと真面目にござを織り続けています。

有数の花筵問屋へと成長

 昭和に入ると、2代目齋藤岩吉氏が後を受け継ぎます。2代目岩吉氏は父を幼い頃から手伝っていたため仕事をすぐに覚え、また、商才にもたけており、持ち前の愛想の良さも手伝って、次第に得意先を増やしていきました。昭和23年(14948年)には「有限会社齋藤岩吉商店」として法人化します。その後、昭和27年(1952年)には、3代目齋藤多源治氏が後を引き継ぎます。この頃すでに花筵問屋として一流格の取引をおこない、捺染工場、織機場、倉庫数棟を構える玉島船穂周辺でも有数の花筵問屋でありました。昭和47年(1972年)、4代目齋藤真平氏が後を引き継いだ頃は、高度成長期とともに、PPのござも全盛期を迎えており、自社だけでは注文に対応しきれないほどPPのござの需要が多かったそうです。

現代風「オーダーメイドのござ」凸凹カットや規格外の大きいサイズまで対応

 人々の暮らしも変わり、次第に和風建築に代わって洋風建築が増え、昭和55年頃より、カーペットの普及などの影響もあり、次第に畳同様にござの需要も減少して行きます。そんな中、4代目真平氏は、様々な改革をおこないながら、持ち前のチャレンジ精神で新規開拓もおこなうなど試行錯誤を重ねます。倉敷市内でもい草生産が盛んでありましたが、この頃から次第にい草農家も減少して行きます。今では2、3件ほどしか残されていないそうです。

 平成の時代に入ると、競争激化でござの値段も値くずれしてしまい、同社でも生き残りをかけて、同業者と情報交換や協力をおこない試行錯誤しながら多種多様な注文に対応するためにロールで仕入れた生地を全品自社で注文ごとに裁断、縁縫いから検品まですべておこない、高い品質を維持しています。現在は、5代目齋藤英雄社長のもと、「オーダーメイドのござ」を主力商品として、洋風建築に合わせた柱部分の凸凹カットや規格外の大きいサイズまで幅広く細やかなサービスをおこなっています。現在はインターネットによる各種ござ、い草製品の販売も行っています。

  • 株式会社 玉島活版所
    エリア

    各種印刷業

    印刷事業(書籍、チラシ、パンフレット、ハガキ、ポスター、シール、ラベル、名刺など)、WEB事...
  • 中原畳店
    エリア

    畳製造販売業

    い草の独特の清涼感のある豊かな香りが漂い、懐かしさと共に心が安ぐ癒しの「畳」を作り続けていま...