羽黒神社

羽黒山に鎮座する

団体
羽黒神社
所在地
倉敷市玉島中央町1-12-1
電話番号
086-522-2695
概要
福徳成就・縁結び・商売繁盛に御利益があるとされる神社
ポイント
駐車場:あり(15台)
ホームページ
https://hagurojinja.jimdo.com/
リンク
岡山県神社庁(羽黒神社)

羽黒神社の起源

 羽黒神社の鎮座する羽黒山はかつて瀬戸内海に浮ぶ小さな島でした。万治元年(1658年)に備中松山藩の城主、水谷伊勢守勝隆公が玉島地方の干拓を行う際に、氏神である出羽国(でわのくに)羽黒山の出羽神社(現在の三山神社)の神霊をこの地に勧請して事業の成就を祈願し、土地の守護神として社殿を建立したことが羽黒神社の起源です。
その後、玉島に居住する人々はもとより、船によって港に出入りした北海道から九州までの商人達も寄進に貢献するほど篤く崇められました。

現在の羽黒神社

 現在の本殿は嘉永3年(1845年)、幣拝殿は安政4年(1852年)に再建されたもので、昭和33年(1958年)には玉島全市を挙げて「羽黒神社御鎮座三百年祭」が盛大に行われ、その記念館が建築されました。また、昭和45年(1970年)から昭和48年(1973年)にかけては、大戦時に掘られた防空壕処理の為、境内復旧事業として羽黒神社会館を建設し、その屋上が境内として拡張されました。
 本殿周囲には七福神が祀られ、毎年春には祈年祭に合わせて七福神祭が賑やかに執り行われます。また、春祭にはからす天狗仮装大会も行われます。

  • 西爽亭 (さいそうてい)
    エリア

    江戸の上級武士の生活をうかがい知る

    江戸時代に建てられたとされる旧柚木家住宅に付属する座敷棟
  • 玉島味噌醤油 合資会社
    エリア

    玉島の古き良き街並みを歩く

    玉島味噌醤油を中心に玉島の阿賀崎にある町並み保存地区の歴史ある企業や商店を巡る。