祐安の水車(すけやすのすいしゃ)

所在地
倉敷市祐安(すけやす)地区
電話番号
--
概要
用水路から、田んぼに水をくみ上げる水車
ポイント
毎年5月初旬から稲刈り前の9月末ごろまで用水で見ることができます。

懐かしさのある風景

 倉敷市には岡山県三大河川の高梁川の水を、農業用水として配水するために大正時代に造られた配水池(酒津配水池)があります。その配水池から東に位置するのが倉敷市祐安(すけやす)地区です。祐安では、配水池からの用水を田んぼにくみ上げるための水車がいくつか見られます。

 祐安は水田が川よりも高い位置にあることと、水もちが悪いため、5月初旬から稲刈り前の9月末まで田に絶えず水を送る必要があります。川の流れを利用して24時間水を送り続ける水車のほとんどが木製で直径1.5メートル程度。水車についている筒状の容器が水をくみ上げて、水面よりも高い田んぼに水を送る仕掛けです。

 川の流れと水車の水音。祐安の水車はこの土地の季節の風物詩であり、祐安にはどことなく懐かしく心が癒される風景が広がっています。
(2013.6)