美観地区

県内屈指の観光スポット

電話番号
--
概要
「重要伝統的建造物群保存地区」として江戸時代からの建物群が保存・活用され、美しい町並みとして多数の観光客が訪れる。

美観地区の歴史

 現在の倉敷美観地区周辺は寛永19年(1642年)に天領地になり、代官が置かれていました。倉敷川河畔は周辺で採れる米の集散地として賑わい、後には商業の中心として発展。現在残る保存地区の建物はこの時代の豪商の商家を原型とするものが多く、それが特徴的な景観を印象づけています。さらに明治に入ってからは洋風建築のモダンな美術館や建物も加わわったことにより、独特のムードあふれる町並みを形作りました。
 昭和30年代後半、行政・住民主体の取り組みとして町並み保存運動の機運が高まり、昭和44年(1969年)に倉敷市によって「倉敷川畔特別美観地区」として指定。さらに昭和54年(1979年)に「重要伝統的建造物群保存地区」として国の選定を受け、平成2年(1990年)には全国にさきがけ背景保全条例も制定されました。これは平成12年(2000年)に景観法に基づく景観条例として改正を受け、積極的な保存対策が進められています。

特徴的な建物群

 建物の特徴としては、町家はほとんどが塗屋造りで蔵はすべて土蔵造り。そして倉敷窓や倉敷格子(親つき切子格子)に白色漆喰仕上げのなまこ壁が美しいコントラストを描きます。
 倉敷川沿いには大原美術館を始め倉敷民藝館、郷土玩具館など多数の文化施設・観光名所が並び、さらに周辺の町家造りの一帯も含めて大勢の観光客が訪れるスポットとして全国的に知られます。
夜間には景観照明も実施され、昼間とは違った趣の風景も演出されます。

  • 倉敷国際ホテル
    エリア

    倉敷と共に歩む心豊かなおもてなし

    倉敷初の本格的なホテルとして、昭和38年(1963年)に開業しました。倉敷出身の建築家により設計され...
  • 倉敷アイビースクエア
    エリア

    つたの広場、赤れんがのホテル

    蔦の絡まるレンガ壁が特徴の、宿泊・飲食だけでなく文化施設も併設されたユニークなホテル。